ヴィタメール(Wittamer) バレンタインチョコ

ヴィタメール

ヴィタメールは1910年、オーストリア人のアンリ・ヴィタメールがベルギーの首都ブリュッセルで創業しました。

もともとはケーキなどを含めたお菓子全般の店で、3代目にあたるポール・ヴィタメールが60年代にチョコレート作りも始めたのだそうです。

そのおいしさは評判になり、2000年にベルギー王室御用達となって、ベルギー王室の特別なおもてなしには、必ずヴィタメールのチョコレートやお菓子が使われるようになりました。
ベルギーの王室の紋章がヴィタメールに使われているのにはそのようなわけがあるのです。

ヴィタメール

1990年2代目社長アンリ・ギュスターヴ・ヴィタメールは日本との世界ではじめての2号店の契約を結びました。
同年ヴィタメールジャポン設立。

ヴィタメール・ジャポンでは、ベルギー本店において研修を受けた職人達が、ベルギー本国の味を再現する一方、日本オリジナルのお菓子も作っているそうです。日本人には日本人の味覚、好みがある、チョコレートの質は非常に大事だが、味は好みの問題ということのようです。ヴィタメールでは創業当時からの伝統を大切にしたお菓子も作り続けられています。
現在、ベルギー1とも言われるおいしさと美しいパッケージで人気に。日本のデパ地下に15店ほどの店舗を展開しています。

Sopnsored Link