エルマン・ヴァンデンダー (Herman Van Dender) バレンタインチョコ

エルマン・ヴァンデンダー

エルマン・ヴァンデンダーは、1963年ブリュッセル生まれ。

  

子供の頃から父親が魔法のような技でお菓子やチョコレートを作る様子を見て感動していたエルマン・ヴァンデンダー。

アントワープにある名門製菓技術士養成学校で学び、スイスやフランスで修業を積み、1989年に父が創業したパティスリー「ドゥ・バーレ (De Baere)」を継ぎます。

2007年パティシエの世界大会クープデュモンドでベルギー代表のチーム監督を務め、総合準優勝。

2002年に王室御用達の称号を得て、2003年ベルギー王室皇太子結婚式での菓子制作及び飾り付け(氷彫刻)を担当。高い評価を受けたそうです。

2013年新国王より再度「王室御用達」の称号を頂いています。

現在日本にはヴァンデンダーのチョコレートを販売する直営店舗はなく、バレンタインの時に期間限定で販売しているそうです。

Sopnsored Link