ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR) バレンタインチョコ

ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)

ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)は、パリの「ラデュレ」や「ホテル・ブリストル」、2002年から5年間ミシュランの3つ星レストラン「ギ・サヴォア」のエグゼクティブ・シェフ・パティシエなどを務めたユーグ・プジェ氏と、その友人で、「カカオバリー」やデパートの「プランタン」で開発責任者を務めたマーケティング分野では有名なシルヴァン・ブラン氏との共同経営のお店。

ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)という店の名前は、シェフのユーグ・プジェ氏が、レ・ミゼラブルの原作者のヴィクトール・ユーゴからヒントを得てつけたとか・・・。

2010年にオープンし、飛ぶような人気であっという間に3店舗。2011年には、フィナンシェが情報誌「フィガロスコープ」でナンバー1に選ばれています。

コンセプトは、味、季節、ガストロノミー、トラディション、イノベーション。斬新な素材を使うことや珍しい産地のカカオを使うなどお菓子作りにサプライズとチャレンジをいれています。

ふたを閉じると本に見えるケースの中には、宝石のような半ドーム状のチョコレートが入っています。この半ドーム状のチョコレートの中には、フレーバー豊かな濃厚なリキッドキャラメル等が入っています。

ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR) ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)
Sopnsored Link