ファブリス・ジロット(Fabrice GILLOTTE) バレンタインチョコ

ファブリス・ジロット(Fabrice GILLOTTE)は、フランスのディジョン郊外に工場風の大きなアトリエが田園の中にたたずんでいます。パティスリーを営む父を持ち、16歳よりパティシエの修業を始める。1981年に資格を取得後。1985年までの間に3つのメゾンで経験を積む。1985年に父親が倒れ、父の店を引き継ぎます。1990年に当時史上最年少の26歳でM.O.F.ショコラティエを取得。フランス屈指のショコラティエで有名です。ショコラ界の頂点を極めながらも常に新しいものに挑戦し続けています。

それは、ファブリス・ジロット氏がこの職業に情熱を持っているからこそ。そして、ブランドに”クリエーター・ショコラティエ”と書いて自分にノルマを課しているとのこと。

高品質な素材を使い、素材の持ち味を最大限に引き出し、オリジナリティあふれる画期的なレシピで作られたスイーツは、人々に感動を与えています。

Sopnsored Link