コート・ドール バレンタインチョコ

チョコレートの本場ベルギーで圧倒的なシェアを誇るコートドール。アフリカの象徴である純白の象がシンボルです。職人が理想の豆を追い求め、出会った場所がベルギーから遠く離れた西アフリカ「黄金海岸(コート・ドール)」(現在のガーナ)でした。その地名をブランド名にしました。

1883年創業し、1965年からずっと王室御用達ブランドになっているというきちんとした品質管理。それでいて、手軽にスーパーマーケットでも買えるというあたりが、ベルギーでの人気の理由でしょう。

コートドールの最大の特徴は、一貫してタブレットという板チョコにこだわっている事です。厳選したカカオ豆を独自の技術で精製・焙煎し、カカオの風味がストレートに味わえる個性的な製品に仕上げています。

現在製造しているのは、ビター、エクストラビター、ミルク、ジャンデューヤ、カカオの産地を限定したものなど。クリスマスやバレンタインには、毎年趣向を凝らした限定パッケージが登場します。

Sopnsored Link