アンリ・ルルー バレンタインチョコ

アンリ・ルルーは、懐かしいお菓子キャラメルにスポットライトをあてた、パティシエです。C・B・Sと名づけられたそのキャラメルは、彼の生まれ故郷であるブルターニュ地方の有塩バターをたっぷりとつかった柔らかく仕上げたキャラメルです。

1977年フランスのブルターニュ地方の小さな港町ギブロンで自分お店を開店。キャラメルC・B・Sを作り始めます。それからもルルーは、ギブロンの自然や暮らしからインスピレーションを得て、お菓子を作っているそうです。

2003年フランスのショコラガイドブック「Le guide du Club des Croqueurs de Chocolat」において最高評価の5タブレットを受賞。現在、チョコレート・アカデミー・フランス会長世界でただ一人の「キャラメリエ(キャラメル職人)」

2007年新宿伊勢丹に海外初のブティック、オープン。ブルターニュ・キブロンのアトリエで、アンリ・ルルーが心を込めて作ったキャラメルやショコラが、そのまま直輸入されています。

Sopnsored Link