メリーチョコレート

メリーチョコレートといえば、日本のバレンタインブームの火付け役として知られています。

昭和25年(1950年)東京都渋谷区青葉町において高級チョコレート並びにキャンデーの製造販売をはじめたのがメリーの誕生です。
敗戦の傷跡もまだ残り、粗悪なチョコレートが流通していた中、メリーは良質なチョコレート作りを目指しました。
創業者は、「商品は音楽と同じである。美しく奏でられた音楽は聴く者の心を魅了し、必ずアンコールが沸き起こるように、本当に美味しいものは繰り返しお客様が求めてくださる」と言ったそうです。

昭和33年に、初めて東京の百貨店で「バレンタインセール」と銘打って板チョコを販売しました。
当時メリーチョコレートでアルバイトをしていた社長の息子が、先輩から「パリでは2月14日はバレンタインデーといって、男女が花やカード、チョコレートを贈りあう習慣がある」と知らされたのがきっかけです。
その時は準備不足から、3日間の売り上げは、50円の板チョコ3枚、20円のメッセージカード1枚というものでした。
それでも懲りずに翌年からはチョコレートをハート型にするなど工夫を凝らし、『年に一度、女性から男性に愛の告白を』というキャッチコピーを考えついたのです。
このコピーは、やがて日本中に浸透し、現在のような大規模なイベントに成長したのです。

メリーは、2005年のサロン・ド・ショコラ パリに出店し、ショコラアワードにおいて最高の「特別栄誉賞」に輝きました。これは、メリーチョコレートというブランドが、世界的にも認められたということをあらわしています

チョコレートの購入

有名チョコレートは各チョコレートの直売店や、提携先の百貨店の店頭でしか購入できない場合もあります。また、通販の利用も、チョコレートのメーカーによってはまったく手に入らないところもあり、また、取り扱いが季節的に限定される場合もあるようです。

 楽天市場のチョコレート・コーナーで探す

Sopnsored Link